産婦人科へ転職をする際はよく考えてから

一般病棟で医師として働いていた人の中には、募集している産婦人科が好条件のため、産婦人科へ転職を使用かと考える人がいました。
その人は、ただ自分が求める条件とマッチするから産婦人科に転職しようと思っただけだったようです。
今は産婦人科が不足していると言うことで、産婦人科へ転職をするのは悪いことだとは思いませんでした。
しかし、その後本当に転職をしようか考えるようになったそうです。
その理由は「産婦人科では訴えられることがよくあるのでは」と思ったのだそうです。

確かに、ニュースや新聞記事を見てみますと、産婦人科が訴えられるケースはよく見かけます。
流産や死産など、産婦人科をしていて毎回喜べるケースではないでしょうし、生まれてきた赤ちゃんが死んでしまっては、母親のショックと言うものはとても大きなもので、感情的になってしまう人は多くいるのです。
だけど、当然の話ですが、皆が皆そのような人ばかりではありません。
流産や死産をしてしまっても必死で理解しようとする人もいるのです。

ただ、流産や死産をしてしまった母親に対しては、産婦人科の医師たちはただ「仕方のないこと」だと思うのではなく、心のケアが出来るような対応ができたら良いのだと思いますし、そのように対応してくれる看護師さんもいるかと思います。
ただ、産婦人科へ転職をしようと考えるならば、人の精神にも触れる仕事だと思うので、よく考えてから、それでもやりたいと思うならば、少しでも産婦人科不足を埋められるように転職をしても良いと思います。

Leave a comment

Your comment