子供英語?数学の家庭教師を外国の先生に教えてもらう。

27年のキャリアのイギリスフルトン郡公立学校英才教室の教師が日本人学生のための子供の英語数学教室講座を開いた。

両国中央文化センターは、最近日本人学生のための英語?数学教室講座を開講した。

米国に来たばかりなので、地元の学校に適応が必要な早期留学生、学校の授業だけで不足している英語?数学の能力を補うしようとする学生、さらに優れた英語数学の能力を備えよう学生、英才班入りを狙う学生に適したコースだ。

今回の講座では、文法、文章作成、段落構成などを介して批判的な思考を育てることができる、読み取り授業が行われる。

特に指紋の中で最も重要な文章を把握する能力を育てる焦点を合わせる。

また、数学講座では、論理を中心とした授業が行われる。

指紋を読んで答えを求める過程での論理を明確に立てていく一方で、さまざまな問題を経験し、学生の問題を解く能力を意志で抵抗する予定である。

講師には、米国マッカーシー公立学校でのキャリアを積んだナンシードルメイさんが出る。

ナンシードルメイ講師はヨンシーとタイヨク郡の小学校で27年間教師として勤務したベテランである。

日本人学生たちがたくさん在籍しているシェーカーリック小学校とウィルソンクリーク小学校で英才班教師を務めてきた。

ナンシー教師の日本人学生が慣れてよく従うのもこのためだ。

彼は過去2011年から両国連合長老教会サマースクールで日本人学生を教えており、現在は中央文化センターで成人英会話教室を通して、学生と出会いである。

ナンシー先生は、何よりも、学生に向けて、「自信が重要である。

自分がよくすることができるという自信を持ってさえいれば十分実力を向上させることができる」とし「着実に努力してみると実力が向上することを感じることができるだろう」と述べた。

特に日本人の学生は、「実力がないのではなく、自信がないことであるだけ」とし「英語に自信を持って楽しさを感じることができるだろう」と語った。

Leave a comment

Your comment