Home > >

乾燥肌、保湿クリーム??助けになるか? セラミドという皮膚成分

バスルームから出てくる瞬間から顔が乾燥してくる。

朝になると乾燥肌のせいで顔がパサパサ、化粧はマスクのように浮いている。

冬はいつも肌の悩みがなかった人にまで悩みを抱かせる。

寒風に暖かく乾燥した室内環境までどれ一つ肌が水分を保持するのに役立たない。

肌が乾燥していると感じる理由は、皮膚の角質層が水分を奪われたからである。

通常、通常の角質層は、30%程度の水分含有率を見える10%を下回ると、乾燥している感じを受ける。

角質層から水分を浮かべているのは、天然保湿因子であるアミノ酸と要素、乳酸、ピロリドンカルボン酸などである。

これら水溶性低分子で、皮膚の中に存在する水分と水溶性分子を引き寄せる。

角質層は、約10?20?の厚さの薄い膜物質である。

角質層は、角質細胞と脂質がブロック塀の構造を成し、天然保湿因子が角質層の外に出ていかないようにとってくれる。

同時に刺激物質や微生物などの外部の有害物質を防いでくれる皮膚のバリアの役割をする。

しかし、冬場の厳しい風は肌のバリアを崩して水分を奪う。

皮膚科学ジャーナル「皮膚調査と科学」に掲載された研究結果によると、風の強さに関係なく、風を合わせただけでも、肌の温度が減少して角質層の水分が蒸発することが分かった。

冬場の高温乾燥した室内環境も肌を乾燥させる原因である。

また、乾燥した肌は、肌をより乾燥にする悪循環を生む。

水分が減少すれば、地質と自然保湿因子を作る酵素が活性化されていないためである。

脂質が不足になった皮膚のバリアは、自然崩壊し、自然保湿因子も減り、角質層がさらに乾燥になる。

問題はここで終わらない。

肌が乾燥しなれば角質層は厚くなる。

角質細胞層は、毎日のタンパク質分解酵素によって分解されて、一日に約40mgずつ私たちの皮膚から離れていく。

タンパク質分解酵素は、十分な水分が必要活性化される。

したがって、皮膚が乾燥になると分解酵素が本来の役割をできないのに、角質層をなすタンパク質間の結合力が大きくなり、角質細胞が厚く積もるだろう。

厚い角質は肌の色も暗くくすんにする。

肌の透明度は、外部から入ってきた光が散乱されて拡散される程度に応じて決定され、角質層が厚いほど、光の散乱を防ぐためである。

このような時には保湿製品である。

製品の形態も多様である。

クリーム、マスクパック、スプレーに続いて今飲む水分飲料までラインナップを見せた。

これら果たしてどのような原理で、私たちの皮膚に水分を供給しているのだろうか。

水分製品は、肌に水分を供給しながら、冷たい風と熱く乾燥した環境に損傷した皮膚バリアを回復させる成分で構成されている。

代表的な成分として「セラミド」がある。

セラミドは、角質細胞を埋める脂質成分の50%を占めており、損傷した皮膚バリアを回復するために大きな役割を果たしている。

肌のバリアをなす地質成分であるコレステロールと遊離脂肪酸も皮膚のバリアの回復を助ける。

特に遊離脂肪酸は、皮膚のpHを弱酸性に維持する役割をする。

角質層にセラミドを供給する関与する酵素(ベータ - グルコセレブにグルコシターゼ)が弱酸性で活動が増加するためである。

角質層を透過して表皮の内側に水分を供給したりする。

代表的な成分として、天然保湿因子であるアミノ酸と乳酸、要素がある。

これら水溶性低分子で細胞間の間に入って肌を弾力的にしてくれる。

保湿因子の移動通路には、細胞の物質交換を助けるタンパク質があり、これらの発現を増加させ、肌のあちこちに水分を円滑に渡すことができるよう支援する役割もする。

付加的に角質が厚くたまらないように、皮膚の角質分解能力が良いグリコール酸のような成分を書いたりもする。

水分製品は、マスクパック、ミストなどの製剤も多様それぞれの機能が少しずつ異なっている。

マスクパックはコットンなどのシートに粘性のある乳液を濃縮した形だ。

成分の濃度が高いので、素早く肌に吸収されませんが、濃度差が大きく、自然に肌の奥まで成分が拡散される。

ミストはその反対だ。

角質層に保湿効果を与える。

クリームのように手でなじませ吸収を助ける製剤がないうえには根はすぐに皮膚に吸収されなければならするため、水分、製品中の粒子の大きさが最も小さい。

ミストを分散させた後、むしろより乾燥になったという感じを受けますが、これミスト粒子の一部が蒸発する感じで、肌自体の水分含有量は増える。

血管がない表皮層は、真皮層から栄養分を受ける。

したがってしっとりとした肌を維持するためには、真皮層からしっとりしなければならない。

真皮層は、コラーゲン(教員繊維)とエラスチン(弾性繊維)が互いに絡み合っており、その間をグリコサミノグリカン(GAG)が満たしている。

GAGは皮膚全体に水分を供給するので、GAGが減れば肌全体が乾燥になる。

また、コラーゲンとエラスチンの間との間に入って細胞の構造を張っ維持、皮膚の表面をしわなく滑らかに維持させる役割をする。

GAGは皮膚を構成する炭水化物成??分として、私たちによく知られているヒアルロン酸も含まれているので、ヒアルロン酸は水分製品にも使われている。

ヒアルロン酸は、美容飲料の成分としても入っている。

この飲料は、通常、飲料のように消化と吸収など代謝過程を経た後、血液を介して皮膚に供給される。

Comments ( 0 )
  1. No comments yet.
Submitting Comment, Give me a second...

Leave a comment

Allowed tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. No trackbacks yet.